SteelpanのPAN NOTE MAGIC

HOME | PROFILE

Steelpan Orchestra PAN NOTE MAGIC 

PAN NOTE MAGIC Profile / 楽団プロフィール


 カリブ海に浮かぶ島国トリニダード・トバゴで生まれた楽器スティールパン。
PAN NOTE MAGICはこのスティールパンの魅力を伝える為に、2005年に結成されたスティールパンのオーケストラです。メンバーは、打楽器協会新人演奏会で1位受賞ならびに岩城賞受賞者、第15回 日本クラシック音楽コンクール最高位受賞者、ルーマニア国際コンクール第2位受賞者、ベストプレイヤーズコンテスト第3位受賞者をはじめ、スティールパンの本場トリニダード&トバゴで開催された世界最大のスティールパンコンテスト『パノラマ』に現地のバンドのメンバーとして4度優勝した者などで構成され、その音楽性は高く評価されています。
 
 2008年にはスティールパンのグループとしては日本で唯一の東京都公認ヘブンアーティストに認定されました。同年、韓国ソウルにて開催されたホール杮落としコンサートViva Guro Viva Arts Valleyの出演や、2010年にはチェジュ島で企業様パーティー演奏を行うなど、日本のみならず海外での公演も行っています。2011年には日本で最も有名な老舗ライブハウスの一つ、Stb139で公演を行い、3年連続チケットSold Outしました(2014年に惜しまれながらも閉店)。2011年には西日本打楽器協会主催の打楽器フェスティバルのゲストとして出演し好評を博し、2012年にはアルバム『Magic Hour』でメジャーデビューを果たします。2013年には本場トリニダード&トバゴに渡り、約40日間の研鑽を積み、スティールパン界のレジェンドRay Holman氏より、「PAN NOTE MAGICは日本とトリニダード&トバゴを結ぶ架け橋となるスティールパン大使である」と最大の賛辞を贈られています。
2015年には、最も有名な打楽器のケースメーカーの一つプロテクションラケットのスティールパンケース開発のアドバイザーとして、スティールパンケース作成に貢献。
 
 演奏する曲は幅広く、ラテン・ジャズ・ポピュラー・クラシック・誰もが聞き馴染みのある曲と様々ですが、中でも世界三大カーニバルの1つである『トリニダード・カーニバル』で演奏されるスティールパン・ミュージック「パノラマ・チューン」の再現は、PAN NOTE MAGIC最大の魅力であり特徴となっています。
 
現在はホール主催コンサートや企業パーティー演奏を始め様々なイベントでの演奏を行う他、小・中・高等学校で行われる芸術鑑賞会にも力を入れており、日本で最も公演数の多いプロスティールパンバンドとしてスティールパンの普及に務めています。

楽団員紹介

High Tenor Pan 宮本まいこHigh Tenor Pan 宮本まいこ
宮本 まいこ
High Tenor Pan
Low Tenor Pan 木村就生Low Tenor Pan 木村就生
木村 就生
Low Tenor Pan
Double Tenor Pan 山脇妃見子Double Tenor Pan 山脇妃見子
山脇 妃見子
Double Tenor Pan
Double Second Pan 小針彩菜Double Second Pan 小針彩菜
小針 彩菜
Double Second Pan
3Cello Pan 夏音3Cello Pan 夏音
夏音
3 Cello Pan
6Bass Pan 新川悠6Bass Pan 新川悠
新川 悠
6 Bass Pan
Drum 林啓太Drum 林啓太
林 啓太
Drums