MEMBER メンバー

HOME | PROFILE | 小針 彩菜

スティールパン奏者

小針 彩菜 Ayana Kobari

Double Second Pan ダブルセコンドパン

2014年、洗足学園音楽大学打楽器科を首席で卒業。
卒業時に優秀賞を受賞して、卒業演奏会に出演。
同年5月、洗足学園音楽大学の最優秀卒業生として、日本で最も権威のある新人演奏会『読売新人演奏会』に学部長推薦のもと出演。
打楽器協会主催、第30回打楽器新人演奏会にてマリンバ部門賞と、最高位である岩城賞を受賞。
第18回JILA音楽コンクールマリンバ部門3位入賞。
2015年NHK Eテレ「ムジカ・ピッコリーノ」にスティールパン奏者として出演。
2015年・2016年・2017年と3度、スティールパンの本場トリニダード&トバゴに渡り、現地のバンド「All Stars」のメンバーとして、世界最大のスティールパンコンテスト「パノラマ」に参加し。2015年・2017年度と2度優勝を飾る。
2019年、イタリアで開催された第17回Italy Percussion Competitonにてマリンバで優勝。

Instrument / 使用楽器について

Double Second Pan(ダブル・セカンド パン)

オーケストラで言うと、ヴィオラに相当します。
同じ2つのドラム缶から構成されるDouble Tenor panに比べると音の配列が分かりやすい楽器なのでTenor Panの次に人気のある楽器です。
 
大編成のバンドではこの楽器を2つのパートに分けるアレンジも多くあり、
その際はDouble Second1がメロディーのオクターブ下を弾き、
Double Second2がコードバッキングを担当します。
 
PAN NOTE MAGICではコードのバッキングを担当する事が殆どですが、中低音がメロディーになる場合はTriple Celloと一体となってメロディーを担当することもあります。
バッキングをする際は、2音しか担当出来ない為、3和音以上のコードを担当する場合は、Triple Cello一体となってコードVoicingを決定します。
その際は、通常はClosed Voicingが一般的で、Double SecondのTop noteがGを超えないようにします。
また、音の振り分けは、Double SecondがTop noteと2nd noteを担当して、
3Celloが、3rd note、4th noteを担当する事が多かったのですが、
近年このvooicing方法が変わりつつあり、
Double SecondがTop noteと3rd noteを担当して、
3Celloが2nd noteと4th noteを担当することも増えてきました。
3rd noteと4th noteが2度でぶつかってもそれほど違和感を感じなくなるため、
F△9のコードの際、Topから、E・C・A・Gという積み方も可能になります。